全通貨業界最高水準のスプレッドで提供中!
約定率No.1のマネパ・100円からFX

トレイダーズ証券が運営する「みんなのFX」 外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
デイトレも外為オンラインで インヴァスト証券
インヴァスト証券/シストレ24

2014年03月15日

米FDIC、LIBOR不正操作めぐり世界大手16行に訴訟

140315.jpg

[ニューヨーク 14日 ロイター] -米連邦預金保険公社(FDIC)は14日、LIBOR(ロンドン銀行間取引金利)の不正操作に関わったとして、三菱東京UFJ銀行や農林中央金庫NORB.ULのほか、米バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)(BAC.N: 株価, 企業情報, レポート)やドイツ銀行(DBKGn.DE: 株価, 企業情報, レポート)を含む世界の大手銀行16行に対し訴訟を起こした。

訴訟の対象となったのはほかに、英バークレイズ(BARC.L: 株価, 企業情報, レポート)、米シティグループ(C.N: 株価, 企業情報, レポート)、クレディ・スイス(CSGN.VX: 株価, 企業情報, レポート)、英HSBCホールディングズ(HSBA.L: 株価, 企業情報, レポート)、米JPモルガン・チェース(JPM.N: 株価, 企業情報, レポート)、英ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)(RBS.L: 株価, 企業情報, レポート)、UBS(UBSN.VX: 株価, 企業情報, レポート)、ラボバンクRABN.UL、ロイズ・バンキング・グループ(LLOY.L: 株価, 企業情報, レポート)、仏ソシエテ・ジェネラル(ソジェン)(SOGN.PA: 株価, 企業情報, レポート)、ロイヤル・バンク・オブ・カナダ(RY.TO: 株価, 企業情報, レポート)、ウエストLB。

当時LIBORを算出していた英銀行協会(BBA)も訴訟の対象となっている。

FDICは不正操作が行なわれたことで、米当局が管理下に置いた38行の銀行が多大な損害を被ったとしている。

LIBOR、および欧州銀行間取引金利(EURIBOR)の不正操作をめぐっては、これまでに欧米当局が銀行と証券会社10社に罰金の支払いを命じており、13人の個人が責任を問われている。
posted by FX入門 at 16:02| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月09日

S&P500が連日の最高値更新、米雇用統計受け

140309.jpg

[ニューヨーク 7日 ロイター] - 7日の米国株式市場はおおむね上昇、S&P500は終値で連日の最高値更新となった。朝方発表された2月の雇用統計で雇用者数の伸びが予想を上回ったことが材料となった。

ダウ工業株30種.DJIは30.83ドル(0.19%)高の1万6452.72ドル。

ナスダック総合指数.IXICは15.91ポイント(0.37%)安の4336.22。

S&P総合500種.SPXは1.01ポイント(0.05%)高の1878.04。終値での最高値更新は過去7営業日中5回目となった。

週間ではダウが0.8%高、S&P500が1%高と、ともに2週連続で値上がりした。ナスダックは0.7%高で5週連続での上昇となった。

週末を控えるなか、緊迫するウクライナ情勢をにらみつつ、全般的に神経質な相場展開になったという。

2月の雇用統計は、非農業部門雇用者数が前月比17万5000人増となり、14万9000人増を見込んでいた市場予想を上回る伸びとなった。雇用者数の伸びは、厳しい冷え込みにもかかわらず、1月の12万9000人増から大きく加速。12、1月分も2万5000人の上方修正となった。一方、失業率は5年ぶりの低水準だった前月の6.6%から6.7%に悪化した。

雇用統計を受け、市場では今月の米連邦公開市場委員会(FOMC)で一段の措置が講じられるのではないかとの見方も広がったという。

個別銘柄ではスポーツ用品のナイキ(NKE.N: 株価, 企業情報, レポート)が1.6%高、エネルギーのエクソンモービル(XOM.N: 株価, 企業情報, レポート)が1.3%上昇し、ダウ構成銘柄の値上がり率で上位となった。

スーパーチェーンのセーフウェイ(SWY.N: 株価, 企業情報, レポート)は2.2%安。プライベートエクイティ(PE)会社サーベラス・キャピタル・マネジメントが同社を約94億ドルで買収すると発表した。1株当たりの買収額は40ドルで、セーフウェイ株価の6日終値に1.3%のプレミアムを乗せた形。

BATSグローバル・マーケッツのデータによると、各取引所の出来高は約67億株と、過去1カ月平均の約70億株を下回った。

騰落銘柄数は、NYSEが値上がり1247に対し値下がり1751、ナスダックは値上がり1264に対し値下がり1320だった。

(カッコ内は前営業日比) ダウ工業株30種(ドル).DJI

終値         16452.72(+30.83)

前営業日終値    16421.89(+61.71)

ナスダック総合.IXIC

終値         4336.22(‐15.91)

前営業日終値    4352.13(‐ 5.84)

S&P総合500種.SPX

終値         1878.04(+1.01)

前営業日終値    1877.03(+3.22)
posted by FX入門 at 22:13| 東京 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月01日

米FRBの金融引き締め、市場に再び混乱もたらす公算=エコノミスト

140228.jpg

[ニューヨーク 28日 ロイター] -米連邦準備理事会(FRB)に在籍した著名エコノミストらは28日に公表した論文で、FRBが利上げを開始する際には昨夏のような金融市場の混乱が再び起きる可能性が高いと警告した。

バーナンキ前FRB議長が昨夏、量的緩和縮小の見通しを示したことを受けて金融市場が大きく混乱したことについて、論文はFRBが意図を正しく伝えたか疑問を投げかけた。

またFRBが超低金利を長期間続けるほど経済へのリスクが高まるとの見方を示した。

「引き締め政策の決定がいつ行われても2013年夏に見られたような混乱が再び起きる可能性が高い。不安定性に関するリスクは去っていない」と指摘した。

論文はFRBに在籍していたJPモルガンの米国エコノミスト、マイケル・フェローリ氏やシカゴ大学のアニール・カシャップ教授らがまとめた。

緩和政策からの出口政策が米経済に及ぼす影響は、おそらく昨年と同程度になるだろうとしながらも「そのような穏やかな結果が保証されているわけではない」とした。

またFRBの債券買い入れとフォワードガイダンスについて、「リスクを取る動きを助長し、そうした行為は容易に反転させることはできず、将来的に問題を引き起こしかねない」と警告した。

その上で、金融市場で発見することが難しいリスクへの対処は規制措置だけでは不十分の可能性があるとした。
posted by FX入門 at 23:43| 東京 🌁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月23日

G20では新興国経済も議論、異次元緩和の効果など説明へ=日銀総裁

140223.jpg

[シドニー 22日 ロイター] - 日銀の黒田東彦総裁は22日、20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議出席のため訪れているシドニーで、G20では新興国経済について議論されるだろうとし、日銀としては異次元緩和が所期の効果を上げつつあることなどを説明すると語った。

記者団に対して述べた。

また、米国のテーパリング(緩和縮小)は米国経済が内需中心に力強く成長していることが背景にあり、長い目でみれば新興国を含め、世界経済にプラスになるとの見方を示した。

黒田総裁は、22、23日に行われるG20での議論について「世界経済に占める新興国の比重は大きくなっているので、当然新興国経済について議論されるだろう。その際、今年に入ってから、一部の新興国市場で少し神経質な動きをしたので、そういうことも議論されるだろう」と語った。

米緩和縮小について新興国と先進国で意見の相違がみられる点については「そういう意見の違いはありうるが、G20はそうしたなか、先進国と新興国を含めて、世界経済をどのように良くするか、協調・協力していくフォーラムなので、そういう方向で議論がなされると思う」とした。

また、「米国のテーパリングも、基本的に米経済が内需中心に力強く成長していることが背景にでてきている。これは長い目で見れば、新興国含め世界経済にとってプラスと思われる。新興国あるいは先進国を含め、すべての国がそれぞれの国が抱えるマクロ経済問題や構造問題に適切に対処して、世界経済全体として成長・雇用が促され、経済構造が頑健になることを目指していくことになると思う」と述べた。

日銀としては、量的・質的金融緩和が所期の効果を上げつつあり、2%の物価目標に向け着実な歩みをしていることを説明する、とした。また、日本としては経済成長やその他構造問題を含め、日本が今やろうとしていることを説明することになると述べた。
posted by FX入門 at 03:03| 東京 ☁| Comment(0) | FXの特徴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月15日

米国株式市場は続伸、主要3指数はそろって2週連続の上昇

140214.jpg

[ニューヨーク 14日 ロイター] - 14日の米国株式市場は続伸し、主要株価3指数はそろって2週連続の上昇となった。相場はほぼ全面高の展開となった。

ナスッダクは2000年以来の高値で終了したほか、S&P総合500の10業種のうち、通信株.SPLRCLを除く9業種がプラス圏で終えた。景気敏感株とされるエネルギー株.SPNYは1.5%高と、最も上げが目立った。

同日発表された1月の輸出物価は0.2%上昇し、変わらずとしていた市場予想を上回った。上昇は3カ月連続。世界経済の需要動向や米製造業の先行きを見通す上で、明るい兆候を提供した。

一方、1月の鉱工業生産指数は前月比0.3%低下した。異例の寒波の影響で製造業が0.8%と2009年5月以来の大幅な下げとなったことが響いた。

だが米景気の減速ではなく寒波による影響との見方から、市場はこのところの弱い指標も材料視していない。

スタンダード・ライフ・インベストメンツの米株部門責任者ジェフ・モリス氏は「天候は状況を都合の良いように解釈する言い訳になりやすいが、全米の約半分の地域が寒波による影響を実際に受けており、それだけで弱い指標を懸念しない十分な理由になり得る」と指摘した。

異例の冷え込みにもかかわらず、2月の米ミシガン大消費者信頼感指数は81.2と、前月から横ばいの水準を維持した。

ダウ工業株30種.DJIは126.80ドル(0.79%)高の1万6154.39ドル。

ナスダック総合指数.IXICは3.36ポイント(0.08%)高の4244.03。

S&P総合500種.SPXは8.80ポイント(0.48%)高の1838.63。

週間ではダウ、S&Pがともに2.3%上昇、ナスダックは2.9%値を上げた。主要3株価指数はそろって2週連続の上昇となった。

紳士服販売のジョス・エー・バンク・クロージャーズ(JOSB.O: 株価, 企業情報, レポート)は0.4%上昇。同社はアウトドアウエア専門のエディー・バウアーを8億2500万ドルでプライベート・エクイティ(PE)のゴールデン・ゲート・キャピタルから取得すると明らかにした。

ジョス・エー・バンクに買収提案していたメンズ・ウエアハウス(MW.N: 株価, 企業情報, レポート)は5.3%急落した。

保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)(AIG.N: 株価, 企業情報, レポート)は1.2%下落。同社は前日、予想を上回る第4・四半期決算を発表するとともに、増配、および自社株買いの拡大を明らかにしていた。

ニューヨーク証券取引所では全体の約64%、ナスダックでは50%の銘柄がプラス圏で取引を終えた。

BATSグローバル・マーケッツのデータによると、ニューヨーク証券取引所、ナスダック、NYSE MKTの3市場の出来高は約51億株だった。

(カッコ内は前営業日比)

ダウ工業株30種(ドル).DJI

終値         16154.39(+126.80)

前営業日終値    16027.59(+63.65)

ナスダック総合.IXIC

終値         4244.03(+3.36)

前営業日終値    4240.67(+39.38)

S&P総合500種.SPX

終値         1838.63(+8.80)

前営業日終値    1829.83(+10.57)
posted by FX入門 at 23:41| 東京 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月09日

ヘッジファンド、1月は株式相場をアウトパフォーム=調査会社

140208.jpg

[ボストン 7日 ロイター] -ヘッジファンド調査会社イーベストメントが7日に公表したデータによると、1月のヘッジファンドの運用成績は平均でマイナス0.56%とほぼ横ばいで、株式相場をアウトパフォームした。

1月の株式相場は世界経済や新興国の政治・経済問題をめぐる懸念が痛手となり、S&P総合500種.SPXは3.5%下落した。

一方、関係筋によると、パイン・リバー・キャピタル・マネジメントやシタデル、パーシング・スクエアなど大手ヘッジファンドの運用成績はプラスとなった。

パイン・リバーは旗艦ファンドであるマルチ戦略ファンドの運用成績がプラス2.47%、フィクストインカムファンドが同2.58%となった。

また、物言う投資家として知られるウィリアム・アックマン氏が率いるパーシング・スクエアの最大ポートフォリオ、パーシング・スクエア・インターナショナルはプラス4.1%。パーシング・スクエアが筆頭株主を務める米ビーム買収でサントリーホールディングスが合意したことなどが支援した。

ダニエル・ローブ氏のサード・ポイントや、デービッド・アインホーン氏のグリーンライト・キャピタルなど、1月の運用成績がマイナスだったファンドも、株式相場全体と比べると小幅なマイナスにとどまった。

グローバルマクロやフィクストインカム、株式ロング/ショートなど戦略間で運用成績に目立った差は見られなかった。
posted by FX入門 at 02:01| 東京 🌁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月01日

新興国混乱でもQE早期終了目指す=米ダラス連銀総裁

140201.jpg

[フォースワース(米テキサス州) 31日 ロイター] -米ダラス地区連銀のフィッシャー総裁は31日、連邦準備理事会(FRB)の緩和縮小ペースに満足しているとし、年内に量的緩和(QE)を終了するとの見方を示した。

総裁は講演後、記者団に対し「個人的には、米連邦公開市場委員会(FOMC)全員の見解が、私の従来の見解に近づいていることに満足している」と述べた。

米経済にとり最善の利益は、資産買い入れをできる限り早期に終了することだと指摘し、FRBが米経済にとって最善の行動を取ることを新興国の混乱によって妨げるられることがあってはならないとした。
posted by FX入門 at 10:24| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月26日

1月の米自動車販売、前年比1%増の見通し=調査会社

140126.jpg

[デトロイト 24日 ロイター] -調査会社JDパワー・アンド・アソシエーツとLMCオートモーティブは24日、1月の米自動車販売が前年同月比1%増加するとの見通しを示した。

年率では季節調整済みで1590万台と前年の1520万台から拡大するとしている。

2014年全体の米国内販売台数は60万台(4%)増の1620万台と予想した。

在庫は1月上旬時点で63日分と12月初めの77日分から減少したとしている。

2013年の北米自動車生産は5%増の1610万台とした。
posted by FX入門 at 01:21| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月25日

ロンドン株式市場=続落、新興国銘柄売られ主要指数は5週間ぶり安値

140125.jpg

[ロンドン 24日 ロイター] - 24日のロンドン株式市場は続落し、主要株価指数は5週間ぶり安値で引けた。中南米通貨の下落を受け、新興国市場へのエクスポージャーが高い銘柄が売られた。

FT100種総合株価指数.FTSEは109.54ポイント(1.62%)安の6663.74と、12月20日以来の安値で引けた。下落率も今年に入ってから最大となった。

アルゼンチン中銀がペソ支援の介入を止める姿勢を示したことを受け、同国通貨が大幅に下落。こうしたなか新興国市場へのエクスポージャーが高い銘柄に売りが出て、資産運用のアバディーン・アセット・マネジメント(ADN.L: 株価, 企業情報, レポート)は5.7%安、同業のアシュモア(ASHM.L: 株価, 企業情報, レポート)は5.3%安で取引を終えた。

この他、中南米諸国へのエクスポージャーが高い銘柄では、信用データ会社のエクスペリアン(EXPN.L: 株価, 企業情報, レポート)、ビール醸造大手SABミラー(SAB.L: 株価, 企業情報, レポート)、銀行大手HSBC(HSBA.L: 株価, 企業情報, レポート)が売られ、それぞれ4.6%、3%、2%下落した。

ただ、ガルバンの取引部門責任者、エド・ウールフィット氏は、英株式市場について「株価が現在の水準で向こう数日間は底堅く推移すれば、買いを入れるシグナルとなる」との見方を示している。
posted by FX入門 at 03:37| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月23日

米株はほぼ横ばい、IBM売られダウは続落

140123.jpg

[ニューヨーク 22日 ロイター] - 22日の米国株式市場はこの日発表された企業決算の内容がまちまちとなったことで、全般はほぼ横ばいで引けた。ただ、前日の引け後に決算を発表したIBM(IBM.N: 株価, 企業情報, レポート)に売りが出たことが重しとなり、ダウは続落した。

ダウ工業株30種.DJIは41.10ドル(0.25%)安の1万6373.34ドル。

ナスダック総合指数.IXICは17.24ポイント(0.41%)高の4243.00。

S&P総合500種.SPXは1.06ポイント(0.06%)高の1844.86。

売上高が4四半期連続で予想を下回ったIBMは3.3%下落した。

半導体のアドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)(AMD.N: 株価, 企業情報, レポート)は12%安。1─3月期の売上高が予想以上に減少するとの見通しを示したことが嫌われた。

10─12月期が一段の減収となった高級革製品のコーチ(COH.N: 株価, 企業情報, レポート)も6%下げた。

航空機械・エンジンのユナイテッド・テクノロジーズ(UTX.N: 株価, 企業情報, レポート)は1%、鉄道のノーフォーク・サザン(NSC.N: 株価, 企業情報, レポート)は4.8%それぞれ上昇。いずれも10─12月期の利益が予想を上回った。

スマートフォン(多機能携帯電話)メーカーのブラックベリー(BB.TO: 株価, 企業情報, レポート)(BBRY.O: 株価, 企業情報, レポート)は8.6%上がってナスダック総合指数を押し上げた。同社はカナダに保有する不動産の大半を売却すると発表した。

アリアンツ・グローバル・インベスターズのポートフォリオ戦略責任者、クリスティナ・フーパー氏は「今期は企業の利益目標達成能力は大幅に低下しているようだが、待望してきた売上高の伸びが表れ始めた形跡が見える。幅広い売上高の成長トレンドは、経済の健全さに訴えかけることになる。そのために決算発表で幾分か失望があっても、市場が持ちこたえられている」と指摘した。

これまでにS&P500種銘柄の16%が決算発表を終えて、トムソン・ロイターによるとこのうち利益が予想を超えたのは約61%で、過去四半期平均の67%を下回った。一方で売上高が予想を上回ったのは66%強と、同平均の55%よりも高くなった。

フーパー氏は「総じてみるとバリュエーションには天井感があるが、より選別的になれる投資家にはいくつかの分野で好機が残っている。一段の成長余地がある分野に注目する方法は、投資の価値があるだろう」と述べた。

ニューヨーク証券取引所では約62%の銘柄が、ナスダックでは55%の銘柄がそれぞれ上昇した。

BATS取引所データによると、国内すべてのプラットフォームの合算出来高は約62億3000万株だった。

(カッコ内は前営業日比)

ダウ工業株30種(ドル).DJI

終値         16373.34(‐41.10)

前営業日終値    16414.44(‐44.12)

ナスダック総合.IXIC

終値         4243.00(+17.24)

前営業日終値    4225.76(+28.18)

S&P総合500種.SPX

終値         1844.86(+1.06)

前営業日終値    1843.80(+5.10)
posted by FX入門 at 07:35| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月18日

米財務長官の円安けん制発言、日本政府は真意模索

140117.jpg

[東京 17日 ロイター] -米国のルー財務長官による突然の円安けん制発言を受けて、日本政府関係者は真意を測りかねている。安倍晋三政権発足以来の円安進行について米国は日本経済を強化するものとして支持してきたとみられるためだ。

ただ米国内には過度の円安を警戒する産業界の動きは根強く、同様の発言が繰り返されれば、安倍政権が理想とする緩やかな円安進行と株価上昇の実現に黄信号が灯る可能性がある。

ルー米財務長官は16日、日本について「為替に過度に依存すれば長期的な成長はない」とし、日本の為替政策を「注視し続ける」と述べた。金融市場で日銀の追加緩和観測が広まっているのを踏まえ、急激な円安・ドル高の進行に懸念を示した格好だ。

これに対して、日本の政府関係者は発言の真意について「よくわからない」(高官)とし、米側の本音を探りかねているもよう。

岩田一政・日本経済研究センター理事長(元日銀副総裁)は17日、都内の景気討論会で、ルー財務長官の発言を注視していると指摘。「政治的な発言がなければ、為替レートは緩やかに(ドル/円)110円まで進む」としつつ、為替に関する条項を環太平洋連携協定(TPP)に盛り込むようオバマ政権に求める書簡に、上下院の半数以上の議員が署名した点を挙げ、今後も同様の発言が繰り返されれば、円安があまり進まなくなる可能性もあるとの見解を示した。

米財務省は「日本の金融緩和は国内政策で、為替相場を政策の目標にしない」との日本の主張を理解している立場だが、議会には日本を為替操作国と批判する米自動車業界と近い声があるのも事実だ。

一方、政府内には米国で日本や欧州に金融緩和により世界経済のけん引役を果たすことを期待する声があるとの見方もある。「かつての日独機関車論と同様」(別の政府高官)で、米国は金融緩和の縮小過程に入る中で、日欧に金融緩和の継続を求めているとの解釈だ。実際、日銀は現時点で追加緩和を検討していないが、4月の消費増税などで景気が大きく下振れ、2%の物価目標達成が難しいと判断すれば、追加緩和も辞さない構えだ。

日銀の金融緩和は為替を目的とはしていないため、米高官発言は政策運営の直接の障害とはならない。ただ市場で円安進行が止まるようであれば、政権が期待する円安・株高は実現が難しくなる可能性もありそうだ。
posted by FX入門 at 10:06| 東京 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1000通貨単位で取引できる【LION FX】
Mac対応!充実したモバイルと取引環境の外為ジャパン!
JFX MATRIX TRADER
SBI証券
日本語対応・低スプレッド・レバレッジ最大1000倍

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。