全通貨業界最高水準のスプレッドで提供中!
約定率No.1のマネパ・100円からFX

トレイダーズ証券が運営する「みんなのFX」 外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
デイトレも外為オンラインで インヴァスト証券
インヴァスト証券/シストレ24

2012年04月06日

リスキーなトレードを積極的に!

FXのデモトレードでは、実際の取引をする前にトレードに慣れることに意味がありますが、
目的を持って実験をする感覚も大切です。

バーチャル上でしかできないハイリスクなトレードをして、失敗を重ねることによって、
FXをする上で「自分なりのルール」を身につけることが大切です。

デモトレードでまずやって欲しいことは、失敗です。実際のトレードで失敗はしたくないので、あえてリスクの高いトレードにチャレンジして、失敗体験をすると良いでしょう。

本番のトレードではやってはいけないということを、あえてデモトレードでやってみることは大切なことですから、積極的に失敗してみましょう。

デモトレードは、実際にトレードを始めた後でも有効活用が可能です。

エントリー(ポジションを持つこと)にちょっと自信がない場合は、一度デモトレードで実験して、成功したら今後の参考に、失敗したら今後の教訓にすれば良いのです。
もちろん失敗しても一銭の損にもなりません。(笑)

無料のデモトレードは、そうした意味でも大切ですから、本トレードと同じ条件で出来る会社のデモ版を利用しましょう。

体験感覚で本物のFXに挑戦してみませんか?本トレードはまだ自信がないけど、できるだけリアルに近いFXを体験してみたい、
デモトレードとは違うリアルなFXを体験してみたい・・・。
そんなかた向けの『FX体験商品』、マネーパートナーズの【FX nano】
業界初の100通貨単位を最小取引単位としたFXです。
最低証拠金は、ZAR/JPY 100円、NZD/JPY 150円、USD/JPY 200円・・・。
デモトレードとは違う”リアル”なFX取引を、最小限のリスクで体験してみてください。
業界初! 100通貨単位のFX マネーパートナーズ『FX nano』

お気軽トレードは勝率が高い!?初心者の方がFXを始める前にデモトレードをすると良いのですが、デモトレードと実際のトレードでは違う部分やデモトレードでしかできないこともあります。

まず、デモドレードと実際のトレードの一番の違いはメンタル部分です。

デモトレードではいくら稼いでも、または損をしても、全く懐事情には響きません。
となると、メンタル的には、いい加減にトレードすることになりがちです。

勝っても負けても問題ないとなれば、お気楽トレードで良いわけです。実は、このお気楽トレードの勝率は非常に高く、ほとんど失敗しないといっても過言ではないでしょう。

メンタルのコントロールが勝敗を分ける不思議なことに、お気楽なデモトレードでは勝てても、真剣勝負である実際のトレードでは勝てないケースが多いのです。

真剣にやった方が勝てなくて、いい加減にやった方が勝つということは、デモトレードで勝てない人は本番ではもっと勝てない可能性が高いかもしれません。

では、なぜデモトレードで勝っても実際のトレードでは勝つことができないのでしょう?

デモトレードに強いということを簡単に言うと、儲けようと思う気持ちが強くないということです。儲けたいという気持ちが強過ぎる場合には負けるのが相場です。

それでは、何故、儲けたい気持ちが強すぎると負けるのでしょう?

勝ちたい気持ちにかかるバイアス儲けたい気持ちが強すぎる場合には、相場に対してバイアスがかかった目で見る傾向があります。また、相場と戦って、相場から利益を切り出してやろうという気持ちが働きます。

この結果、上がると思って買ったものが下がっても、持ったポジションが利益になる方に動くだろうという気持ちが強く、ロスカットができなくなります。

また、上昇基調では置いていかれたくない気持ちが強く働き、つい飛び乗ってしまったとたんにピークが訪れ、そこから下落するということも少なくありません。

相場は論理的に動くのではなく、感情的に動くものですから、感情に飲まれてしまうと負ける傾向が強くなってきます。

また、利益が出るとすぐに利益確定したくなり、損失は大きく引っ張ってしまう傾向も強くなります。

損を確定したくない、利益を早く確定したいという気持ちが強くなるからです。

結局、デモトレードでは勝っても負けても関係ないという感覚が感情によるトレードにならない要因となっています。

FXに勝てない人の典型例リアルトレードで損をする人は、相場に対してバイアスがかかった目で見る傾向があるため、次のような失敗に陥りやすいと言えます。

・相場が好転するだろうという希望的観測に基づいた取引が多くなる。
・損をしたくない感情から、ロスカットができない、もしくは判断が遅くなる。
・経験や失敗から成る、自分流のルールが確立できない。
・感情的なトレードを繰り返すと、本物のチャンスを逃してしまう。
・常にポジションを保有したがり、勝率を悪くしてしまう。(デイトレのケース)

こうしたことは、FXに勝てない人の共通点でもあり、資金の枯渇にもつながります。ですから、お金のかからないバーチャル上のFXでデモトレーニングを積むというステップを踏んで、真剣勝負に備えましょう。

デモトレードは実際のトレードの前にトレードに慣れることに意味がありますが、実験をする感覚も大切です。では、実際どのようなトレードをして、何を身につければよいのか、具体的に解説していきます。

外為業者の中には、バーチャル上の仮想マネーをどれだけ増やせるかを競うゲームを開催し、一定期間内のランキング上位者に豪華な賞品を進呈している会社もあります。ゲームを楽しむ感覚で参加してみるのも良いでしょう。
posted by FX入門 at 14:22| 東京 ☀| Comment(0) | FX手法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月14日

スイングトレードとは

スイングトレードは、1週間、遅くても2週間で取引を完結させる投資手法です。

地政学的リスクなどの影響をまったく受けないデイトレード(1日で取引を完結させる投資手法)のように完全に企業の業績を無視するわけではなく、玄人好みの長期投資のように長く持つわけではありません。

スイングトレードは1週間ほどで取引を終えるため、値下がりリスク以外の、たとえば最近でいえばテロによる市場暴落などの被害にあう確率は低いです。デイトレードはその傾向がより顕著になっています。

最近の投資ブーム、特にデイトレ人口の増加にともない、サラリーマンをやめてデイトレで生活をしようという人が増えています。たしかにデイトレとスイングトレードは取引のアプローチなどで異なる部分が多いですが、まずはスイングトレードで短期売買の感覚をつかんでみることが先です。

株式投資は自分に向いているのか? 短期売買とはどういうものなのか? 市場参加者の実際の動きはどうなっているのか?これらを大まかに知るためにも、スイングトレードは適していますし、財務分析など専門知識のいる長期投資よりもとても簡単です。

スイングトレードは、サラリーマンにかぎらず多くの投資家にとって、はじめることへの壁が小さい投資手法だといえます。
posted by FX入門 at 14:31| 東京 ☀| Comment(0) | FX手法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1000通貨単位で取引できる【LION FX】
Mac対応!充実したモバイルと取引環境の外為ジャパン!
JFX MATRIX TRADER
SBI証券
日本語対応・低スプレッド・レバレッジ最大1000倍

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。