全通貨業界最高水準のスプレッドで提供中!
約定率No.1のマネパ・100円からFX

トレイダーズ証券が運営する「みんなのFX」 外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
デイトレも外為オンラインで インヴァスト証券
インヴァスト証券/シストレ24

2013年03月06日

SQ週アノマリー

@幻のSQ


SQとは特別清算指数(Special Quotation)の略で、先物取引やオプション取引の最終決済を行うための価格(=清算指数)のことをいます。

SQが算出される日は先物取引の場合、3、6、9、12月の第2金曜日(通称「メジャーSQ」)、オプション取引の場合は毎月の第2金曜日(通称「マイナーSQ」)となります。

SQ値は毎月第2金曜日の日経平均株価の指数構成銘柄の始値をもとに算出されますが、日経平均の取引時間中の高値がSQ値を上回らないことを「幻のSQ」といい、相場が下落基調になると言われています。



A魔の水曜日


SQ週(毎月第2週)の水曜日は株価が軟調になりやすい傾向があります。

それは先物取引やオプション取引の最終売買日である木曜日を翌日に控え、SQに絡み大口筋の思惑が入り乱れた恣意的な売買や大幅なポジション調整があるからと言われています。



B2日新甫は荒れる


月初めの立会いが2日から始まるとその月の相場は荒れると言われています。

過去を見てみると、1953年3月にはスターリン暴落(日経平均の月間騰落率▲21.7%)が、また1971年8月にはニクソンショック(同▲13.5%)があり、ともに2日新甫でした。

最近では2010年8月が2日新甫でしたが同様に▲7.48%という結果が・・・
posted by FX入門 at 10:26| 東京 ☀| Comment(0) | FX用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月05日

担がれる

担がれる(かつがれる) - 実践!相場用語集

 売り玉が値上がりによって大きな評価損を生み、踏む羽目に陥ること。または、踏むことを検討せざるを得ない状況。
posted by FX入門 at 04:49| 東京 ☀| Comment(0) | FX用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

踏まれる

踏まれる
読み方:ふまれる

分類:相場|買い

踏まれるは、「踏む」とも呼ばれ、マーケット全般で使われる用語で、損失が出ることを承知で買い戻すことをいう。これは、相場が下落すると予想していた売り方が、予想に反して相場が大幅に上昇して含み損が膨らみ、保有するショートポジション(売り玉)を損を承知で高値で買い戻すことを指す。また、踏まれるに対して、損を承知で売ることを「投げ売り」という。
posted by FX入門 at 04:43| 東京 ☀| Comment(0) | FX用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月03日

外貨投資のコストについて

外貨投資を行う際には、たかがコストとばかにすることはできません。

例えば、外貨建て投信の中には、投資を保有している間にかかる信託報酬が2%前後というものがありますが、これでは仮に、外貨の安全運用で4%台の年利回りを得たとしても、手数料で半分近くもとられることになってしまうからです。

なので、たとえ「高利回り」をうたっている商品でも、そのあたりについてしっかりと吟味する必要があります。

posted by FX入門 at 08:59| 東京 🌁| Comment(0) | FX用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スプレッドとは?

スプレッドというのは、売値(ビッド<Bid>レート)と買値(アスク<Ask>レート)の価格差のことをいいます。
posted by FX入門 at 08:59| 東京 🌁| Comment(0) | FX用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パリティとは?

パリティ(parity)というのは、等価、平衡価格の意味ですが、為替取引では、直先スプレッドが金利差と一致している均衡状態のことをいいます。

なお、ユーロ誕生後に、ユーロ急落過程、あるいはその後の回復過程で、1ユーロ=1ドルというレベルが意識された時に、「パリティを割れる(回復する)」という言葉が盛んに使用されました。
posted by FX入門 at 08:57| 東京 🌁| Comment(0) | FX用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レバレッジとは?

レバレッジというのは、梃子(てこ)のことをいいます。

株の信用取引や外国為替証拠金取引などは、このてこの原理(レバレッジ効果)を使って、小額の投資資金に対して、数倍〜数十倍、時として数百倍の金額の取引を行います。

ただし、大きなリターンを得ることができる一方、同様に大きな損失を被る可能性もありますので注意が必要になります。
posted by FX入門 at 08:57| 東京 🌁| Comment(0) | FX用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デフレーションとは?

デフレーションというのは、有効需要が供給に対して不足するために生ずる一般的物価水準の低下現象のことをいいます。

経済全体が縮小均衡の過程に入り、この時、貨幣量に比べて財の量が多くなるため、貨幣価値の上昇が生じます。

posted by FX入門 at 08:56| 東京 🌁| Comment(0) | FX用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月29日

マージンコールからの移行措置

FXは、あらかじめ利息や配当が決まっている預金商品とは違い、証拠金(保証金)を積んでそれを元手に利ざやを狙う、『投資商品』です。したがって、大きな利益を得られるチャンスがある反面、運用方法によっては大きなリスクを抱えることにもなります。

外国為替の値動きは気まぐれそのものです。小さな値動きで推移していた相場が、突如として予想以上に大きな値動きに変わったりします。思惑と反対のトレンドに向かった場合は、巨額の損失を被ることになります。

積み上げてきた証拠金(保証金)が目減りしたり、取引に必要な証拠金を食いちぎってしまうこともあります。この場合、取引業者は、投資家に対して損失が一定の基準を上回ったという旨の警告、『マージンコール』を発します。

ある程度の損失が出た場合、一度歯止めをかけないと、いずれ取り返しのつかない巨額の損失を被る可能性がありますから、マージンコールで警告を発した後、投資家自身の対応がない場合は、外為業者側で強制的に決済して、ポジションを閉じてしまいます。

これを、『ロスカット・ルール』といい、含み損が発生しているポジションがすべて反対売買により決済されます。ポジションが閉じられれば、取引がいったん終了しますから、それ以上に損失が膨らむことはありません。

5-2.jpg
ロスカット・ルールの基準損失を強制決済されるロスカット・ルールは、何か大きな損をしたような気にもなりますが、預け入れした証拠金(保証金)以上に損失が膨らむことはありませんから、リスク管理をする上では必要なルールといえます。

ロスカット(強制決済)される基準は、外為業者によって一律ではありません。

通常は、『証拠金の割合が20%を下回った場合』が多いようですが、ロスカットのレベルを 20%、30%、40%、50%などと、投資家自身が設定できる外為業者もあります。

ロスカットルールは、マージンコールと同様に損失拡大を阻止する一種の安全装置のようなものですから、こうしたルールを設けている業者を、取引するかどうかの判断基準とするのも業者選びのポイントです。

【証拠金率の計算例】たとえば、最低取引保証金が10万円、ロスカットのレベルが20%の条件で、為替相場 1ドル=100円の時に1万ドルの買いポジションを保有したとします。

為替が1ドル=99円になった時点での損失と証拠金率は、

損失額 = 1円 × 10,000ドル = 10,000円
証拠金 = 100,000円 − 10,000円 = 90,000円
証拠金率= 90,000円 ÷ 100,000円 × 100(%)= 90%

その後、91円99銭までドル安が進行しました。(円高)

損失額 = 7円1銭 × 10,000ドル = 70,100円
証拠金 = 90,000円 − 70,100円 = 19,900円
証拠金率= 19,900円 ÷ 100,000円 × 100(%)= 19.9%

証拠金率が20%を割り、ロスカットが発動されます。

何度も触れたように、為替相場が予想と反した動をして、思惑どおりの利益を得られないことは珍しくありません。マージンコールやロスカットは、投資の読みが外れて損失が最悪の状態を招かないためのルールでもあります。

こうした状態を招かないためには、あらかじめ損失を限定しておく『損切り』の重要性についても知っておく必要があります。
posted by FX入門 at 12:07| 東京 ☀| Comment(1) | FX用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月28日

自己流トレードでのバイアス(偏った相場観)

FXでの利益確定や損切り(ロスカット)のタイミングは、とても難しいものです。FXの売り買いを判断をする重要な局面で入り込む「希望的観測」や「臆病さ」といった人間的な感情は、儲けたい気持ちが強いほどバイアスがかかり、勝利を遠ざけてしまいます。

相場が底値だと判断して、今後は上昇に転じると予想して買ったものが、そこから更に下がった場合でも、これから利益になる方に動くだろうという気持ちが働き、損切りするタイミングを失ってしまうこともあります。

その逆に、相場が天井を打ったと予測して売りにでたものが、そこから更に上がった場合でも、希望的観測から買い戻すタイミングを外してしまうこともあります。

systra1.jpg
そうした感情的なトレードを繰り返すと、本物のチャンスがきても臆病風が吹き、トレードのチャンスを逃してしまうため、自分流のルールを確立できなかったり、あるいは自分流のルールを確立しても自信を持てなかったりと、最終的にFXそのものから撤退していく羽目になります。

感情を排除して機械的にトレードする方法過去データを使い、繰り返し分析・検証を行い、その結果に基づいて構築した売買ルールに従って機械的かつ継続的にトレードを行うことを、『システムトレード』といいます。

トレードのルールを持たないままFXに挑戦する方の多くは、自分に都合の良い「希望的観測」や「根拠のない直感」といった、感情による投資判断をすることが多く、また、これを排除するためのFX学習には、相当な費用と時間を費やす必要があります。

システムトレードは、ルールに従ったトレードのため、感情に流されて投資のタイミングを誤るリスクを軽減したり、自分が決めたルールが有効かどうか検証できるメリットがあり、精神的ストレスが非常に少ない投資方法です。

システムトレードはこんな人にオススメ
FXについて勉強する時間もトレードする時間もない
自己流のルールを作って頑張ってきたが、収益はマイナス
シグナル配信サービスを利用しても、ポジションをもつ時間がない
日本では深夜となるニューヨーク・ロンドン時間をカバーしたい
感情的なトレードによるストレスから解放されたい
いまいちシステムトレードを信用しきれていない
自動売買システムトレードのルール確立はもちろん、売買のチャンスがきたと判断したら、発注、監視、損切り、手じまいなど、トレードの全てを自動で行うのが『自動売買システム』です。

システムトレードでは、為替相場や各種指標のデータ収集、指標の計算、売買条件の判断など、取引のルール設定を自動化させ、その情報をシグナルとして受け取り、自分自身で発注する方法が主流でした。現在では、FXを取り扱う会社がトレード自体を自動化できるシステムを開発し、FXの個人投資家を支援しています。

systra2.jpg
トレードのルールは自動化されても、仕事が忙しくて実際にポジションを持つのは難しい、日本では深夜となるニューヨークやロンドン時間のトレードをやってみたい、旅行などの外出時に到来するチャンスも見逃したくないなど、トレード時間に制約があるかたにとっては心強い味方となってくれるでしょう。
posted by FX入門 at 12:22| 東京 ☀| Comment(0) | FX用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3つの注文と二つの決済注文

「IFO(アイエフオー)注文」は、IFD(イフダン)注文とOCO(オーシーオー)注文を組み合わせた注文方法で、両者の特徴をそのまま活かした方法です。

最初にIFD注文が約定した後に、自動的にOCO注文が発動される仕組みです。

IFDでは、決済注文は一つしか発注できませんが、OCOは一度に二つの決済注文が可能です。この両者を組み合わせることによって、一度に3つの注文が出せて、決済注文も二つ可能になります。

つまり、IFO注文で発注した場合、「新規ポジションの確保」「利益確定の指値」「損切りの逆指値」を同時に発注できて、最初の注文が約定されると、二つの決済注文も自動的に発動されるということです。

4-12.jpg
IFO(アイエフオー)取引<例>
たとえば、現在の相場が1ドル=116円だとします。1ドル=115円になったら買いという指値注文を新規で発注しました。

一定の利益を確保するため、【1ドル=117円になったら売り】、もう一方は損失を限定するため、【1ドル=114円になったら売り】という条件も同時につけ加えます。

このケースでは、予想どおり1ドル=117円(ドル高)になったら【2円の利益が確定】し、予想とは逆に1ドル=114円(ドル安)に振れたら【1円の損益が確定】ということになります。

このように、IFO(アイエフオー)注文は、買いから売り(売りから買い)まで、一度の注文で指定できて、決済も自動でされますから、為替レートをチェックできない方、パソコンの前に張り付くことが出来ない方でも、取引が可能な方法といえるでしょう。

posted by FX入門 at 11:50| 東京 ☀| Comment(0) | FX用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1000通貨単位で取引できる【LION FX】
Mac対応!充実したモバイルと取引環境の外為ジャパン!
JFX MATRIX TRADER
SBI証券
日本語対応・低スプレッド・レバレッジ最大1000倍

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。