全通貨業界最高水準のスプレッドで提供中!
約定率No.1のマネパ・100円からFX

トレイダーズ証券が運営する「みんなのFX」 外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
デイトレも外為オンラインで インヴァスト証券
インヴァスト証券/シストレ24

2012年04月02日

日本の低金利商品よりも高金利の外貨預金が有利

空前の低金利時代が続いている日本では、10万円を1年定期に預けても1年後の利息はほとんどゼロ。2005年4月からは、ペイオフの全面解禁により、ほとんどの種類の預金が1千万円とその利息しか保証されなくなってしまいましたね。。。

一国の中枢的地位を占める中央銀行が、一般の銀行などに貸し出す場合の「政策金利」は僅か0.1%です。。。他国と比べてどのくらい低いかというと、、、

南ア 豪州 NZ 欧州 カナダ 英国 米国 日本
5.50 4.75 3.00 1.00 1.00 0.50 0.25 0.10

※2011年2月3日 現在

これを見ただけでも、「ゼロ金利」と言われている所以が分かりますね。当然、効率を求めて、より有利な資金運用先や投資先を、外貨に求める人たちが溢れるということです。

外貨預金と外国為替保証金取引(FX)の違い1998年の外為法が改正された時は、まず外貨預金が注目を集めました。その後、少ない手持ち金でも大きなリターンが期待できる外国為替保証金取引(FX)が日本の個人にも認められるようになり、人気を集めるようになったのです。

外貨預金とFX(外為取引)の違いは、外貨預金は主に高い預金利息を狙うのに対して、FXは金利の高い通貨を買って、金利の低い通貨を売るときに発生する金利差『スワップ金利』を狙います。

世界的に見ても希な低金利時代である日本では、この金利差を利用して金利の高い外貨を買うことで、大きな利益が得られやすい環境にあるということです。

また、FXでは為替変動に合わせてタイミング良く売買することで、大きな「為替差益」が得られます。これについては、FXの利益・損益の仕組で紹介します。

FXは、取引上の条件や環境など違っている点が多く、外貨預金に比べて柔軟性が高いことや、資金効率が良い投資商品だと言うことができます。

外為取引(FX) 外貨預金
取扱金融機関 証券会社・FX専業者など 銀行
取引方法 売り・買い両方出来るので、為替変動への対応度が高い 買いのみなので、外貨通貨が上昇したときのみ利益となる
取引レートの変更 常に変動(いつでも売り・買いの注文が可能) 1日1回(急激なドル安で損失を回避する方法がない)
為替手数料
(米ドル/円) 業者により異なるが、2銭〜10銭程度 通貨や銀行により異なるが、片道1円以上
取引時間 土日を除く24時間 銀行の営業時間内
取引期限 特になし 外貨定期預金は満期あり

取扱金融機関外貨預金を扱う金融機関は銀行です。一方、FX(外国為替証拠金取引)を扱う業者は実に様々で、証券系、商社系、先物取引系、独立系などがあります。
取引条件も様々ですから、長期取引・短期取引(デイトレ)、自己資金などに合った取引業者の選択が可能です。
取引方法外貨預金はドルを買って預金します。つまり、ドル高の場合は利益が出て、ドル安の場合は損失が出るということになります。一方外為取引(FX)では、ドルが下落すると予想したら「ドル売り・円買い」という注文が出来ます。
つまりFXは、為替相場の動きに注目して、高くなるだろう通貨は「買い」、安くなるだろう通貨は「売り」というように、為替差益がプラスに転じるようにトレードが可能であり、極めて為替変動への対応度が高いと言えます。

為替レート外貨預金は1日に1度しかレートが変動しません。そのため、この日一番の買い時、あるいはこの日一番の売り時と予想した場合に身動きが取れません。
一瞬のレート激動にも対応が出来ないということは、大勝ちのチャンスも、みすみす逃してしまうことになりますね。同じ外貨取引でもFXのほうが資金効率が良いことが分かります。
取引コスト外貨預金の取引手数料は、1ドル当たり1円以上(片道)で、外為取引では、10分の1程度というところが多いようです。(取引業者によって違いがあります)
たとえば、銀行の外貨預金口座に米ドルを預金して、1ドル=100円の時に1万ドルを日本円で引き出そうとした場合、手数料が1万円も取られてしまいます。
FXでは、この10分の1以下になり、銀行より遙かに有利だということになります。
FX会社には、オンライン取引をすると、手数料が全て無料となる会社もあります。

外貨預金とFX(外為取引)の総合評価銀行の外貨預金とFXには、上記のような特徴や違いがあり、手数料その他で有利な投資商品であることが分かります。
FXは外貨の売り買いによって得られる差益を狙う投資商品ですが、一番の特徴は、取引会社に預け入れた証拠金(保証金)を、『レバレッジ(leverage)』を効かせて、数倍〜数十倍の取引が出来ることです。
投資家の皆さんは、ある程度のリスクがあると承知で、この”レバレッジの魅力”にひかれて外為取引(FX)を始められる方も多いようです。
しかし、『レバレッジを1倍』とした場合はどうなるでしょう?
預けたお金に対する為替変動のリスクしかありませんね。
外貨預金することと同じになるということです。
つまり、『FXを外貨預金代わりに利用する=レバレッジを1倍で運用する』
というリスクを最小限に抑えたFXへの投資方法がこれになります。
そうした場合は、出来るだけスワップ金利を多くもらえる会社と取引しましょう。
posted by FX入門 at 11:44| 東京 ☀| Comment(0) | FXの特徴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


1000通貨単位で取引できる【LION FX】
Mac対応!充実したモバイルと取引環境の外為ジャパン!
JFX MATRIX TRADER
SBI証券
日本語対応・低スプレッド・レバレッジ最大1000倍
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。