全通貨業界最高水準のスプレッドで提供中!
約定率No.1のマネパ・100円からFX

トレイダーズ証券が運営する「みんなのFX」 外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
デイトレも外為オンラインで インヴァスト証券
インヴァスト証券/シストレ24

2014年08月31日

ドル上昇、ECB緩和期待後退がユーロ下支え=NY外為市場

140831.jpg

[ニューヨーク 29日 ロイター] - 29日終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが上昇した。7月の米個人所得・支出統計では、消費支出が前月比0.1%減少し、今年1月以来のマイナスとなったものの、材料視されなかった。

主要6通貨に対するICEフューチャーズUS(旧NY商品取引所)ドル指数.DXYは0.26%高の82.689。消費支出データ発表後に値を下げる場面もあったが、すぐに切り返した。

ドル/円JPY=は0.33%高。直近では104.08円で取引されている。

BKアセット・マネジメントのマネジングディレクター、ボリス・シュロスバーグ氏は、市場は弱いデータを受けても米景気の先行きに自信を失っていないとし、「消費はいずれ追いつく」との見方を示した。

一方、ユーロ/ドルEUR=は0.3%安の1.3142ドル。ユーロ圏の消費者物価指数(CPI)データ発表直後には1.3195ドルまで持ち直した。

8月のユーロ圏消費者物価指数(CPI)は前年比0.3%上昇と、5年ぶりの低水準となったが、市場予想通りの内容だった。そのためデータを受け、欧州中央銀行(ECB)の追加緩和観測が後退し、ユーロを支援した。

ゴールドマン・サックスはリポートで、ユーロ/ドルは今後数年にわたり弱含むとして相場予想を引き下げた。2017年末時点ではパリティー(等価水準)に達する見通しとしている。

ウクライナ情勢の悪化を背景に、ルーブルRUB=は過去最安値となる1ドル=37.207ルーブルに沈んだ。欧米諸国による対ロシア経済制裁強化への懸念が強まった。

ドル/円    終値   104.08/12

        始値   103.98/99

    前営業日終値   103.72/74


ユーロ/ドル  終値   1.3130/35

        始値   1.3185/86

    前営業日終値   1.3181/83
posted by FX入門 at 18:29| 東京 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月25日

日銀、物価目標達成まで超緩和策継続 経済見通し維持=黒田総裁

140823.jpg

[ジャクソンホール(米ワイオミング州) 22日 ロイター] - 黒田東彦日銀総裁は22日、2%のインフレ目標を達成するまで非常に緩和的な金融政策スタンスを維持すると言明した。

経済シンポジウムが開かれているワイオミング州ジャクソンホールで、記者団に対して述べた。

4─6月期の国内総生産(GDP)は落ち込んだものの、消費税の反動は多少和らいでおり、雇用や名目賃金、企業の設備投資は底堅いと指摘。「輸出はやや弱いが、内需は基調としてしっかりしている」とし、経済見通しを変える必要はないと語った。

さらに、世界経済の見通しが良好なことを踏まえ、日本の輸出も段階的に持ち直すとの考えを示した。

米経済については、寒波の影響から脱して力強く回復しており、基本的に好ましいとした。

2%の物価安定目標については、達成に向け順調に進んでいるがまだ道半ばだとし、目標達成が困難な場合はちゅうちょなく調整するとした。
posted by FX入門 at 03:10| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月17日

NY外為市場=ドル下落、ウクライナ危機受け円・スイスフランに安全買い

140817.jpg

[ニューヨーク 15日 ロイター] - 15日のニューヨーク外為市場では、ウクライナ情勢をめぐる緊張が一段と高まったことで、ドルが安全通貨とみなされる円とスイスフランに対して売られた。

終盤の取引で、ドル/円JPY=は0.1%安の102.33円で推移。ドルは対スイスフランCHF=で3週間ぶり安値を更新し、終盤の取引では0.4%安の0.9028フランとなっている。

ドルは対ユーロEUR=でも下落し、0.2%安の1.3393ドルとなっている。ドル指数.DXYは0.2%低下の81.44。

ウクライナ大統領府はこの日、前夜にかけてウクライナ領内に入ったロシア軍の装甲車両をウクライナ軍が攻撃したことを、ポロシェンコ大統領が英国のキャメロン首相に報告したと発表。これに対しロシアは、ロシア軍は越境していないと主張。米国主導の北大西洋条約機構(NATO)による勢力拡大を非難するなど、対立は深まっている。

コモンウエルス・フォーリン・エクスチェンジの首席市場アナリスト、オマー・エジナー氏は、ウクライナ大統領府の発表を受け円とスイスフランに逃避買いが入ったとしている。

今週発表の米経済指標が全般的に軟調だったこともドル売り要因となっていた。ウエスタン・ユニオン・ビジネス・ソリューションズのシニア市場アナリスト、ジョー・マニンボ氏は、「経済済指標が軟調だったことで、連邦準備理事会(FRB)が当面はゼロ金利政策を解除しないとの観測が裏づけられた」としている。

来週は、20日にFRBが7月29─30日の連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨を発表、21─23日にはワイオミング州ジャクソンホールでカンザスシティー地区連銀主催のシンポジウムが開催されるなど、FRB関連のイベントが焦点となる。

ドル/円    終値   102.33/36

始値   102.63/64

前営業日終値   102.44/46  

ユーロ/ドル  終値   1.3398/03

始値   1.3396/97

前営業日終値   1.3364/66
posted by FX入門 at 06:18| 東京 🌁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月10日

ドル概ね下落、地政学リスクへの不安で=NY外為

140809.jpg

[ニューヨーク 8日 ロイター] - 8日終盤のニューヨーク外為市場ではドルが全般的に下落、主要通貨に対して1週間ぶりの安値をつけた。地政学リスクが意識されるなか、最近値上がりしていたドルに対する利食い売りが出た。

米国はこの日、イラクのイスラム過激派「イスラム国」に対する空爆に踏み切った。米軍によるイラク空爆は2011年末の駐留米軍撤退以降で初めて。また、パレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム組織ハマスとイスラエルの72時間の停戦もこの日、延長合意が成立しないまま終了し、ガザからイスラエルに向けてロケット弾が発射されたことへの報復として、イスラエル側がガザ空爆を実施した。

シティFX(ニューヨーク)の国際G10外為戦略部長、スティーブン・イングランダー氏は「世界の異なる地域で地政学的問題が予想以上に拡大しつつある」と述べた。

こうしたなか、ロシア国防省は8日、ウクライナ国境付近で行っていた軍事演習を終了したと発表したが、ドルの軟調地合いは継続した。

主要6通貨に対するドル指数.DXYは0.16%安の81.395。一時1週間ぶり安値となる81.261をつけた。ただ週間では4週連続で上昇する勢い。指数は7月、約1年半ぶりの大幅な値上がりを記録した。

ドル/円JPY=は0.03%安の102.06円。一時約2週間ぶり安値となる101.49円をつけた。

ユーロ/ドルEUR=は0.36%高の1.3408ドル。ショートポジションの巻き戻しが出たという。

ドル/スイスフランCHF=は0.4%安の0.9053フラン。

ドル/円    終値   101.98/03

始値   101.95/96

前営業日終値   102.08/10  

ユーロ/ドル  終値   1.3408/13

始値   1.3390/91

前営業日終値   1.3361/66
posted by FX入門 at 15:45| 東京 ☔| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月04日

GPIF「前倒しで改革」、NISA上限拡大へ=菅官房長官

140802.jpg

[東京 2日 ロイター] - 菅義偉官房長官は2日、都内で講演し、まちがいなく経済は回復基調にあるとの認識を示した。その上で、「これからも優先すべきは日本経済の再生」と述べ、NISA(少額投資非課税制度)の上限拡大に取り組む意向や、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)改革について従来の予定より前倒しで進めていく方針を示した。

足元の経済情勢について菅官房長官は、アベノミクスの3本の矢によって「経済の流れを大きく変えることができた」とし、「間違いなく経済は回復基調にある」と語った。

菅官房長官は「これからも優先すべきは日本経済の再生」と指摘。経済再生のための個人金融資産活用策の一環として導入したNISAについて、現行の年100万円から、「これから暮れに向け、倍以上のものを活用できるような方向性で取り組んでいきたい」と述べ、上限拡大に取り組む考えを示した。

また、GPIF改革について「従来予定より前倒しで改革進めていく」と語った。

そのうえで、アベノミクスの3本の矢を放ち、「スピード感をもって実行に移すことによって、まさにデフレを脱却し、財政再建も何としてもやり遂げていきたい」とした。

<内閣改造で安定政権へ、臨時国会は経済再生・地方創生などがテーマ>

9月内閣改造後の秋の臨時国会では、経済再生、地方創生、女性が輝く社会がテーマになるとした。改造では「安定政権を何としてもしっかり作りながら、国民の期待に応えていかなければならない」と語った。

日中関係に関しては「世界のなかで、2番目・3番目の経済大国は、安定と繁栄の責任ある立場だ」と述べ、日韓関係では安倍首相は対話のドアはオープンだとしていると強調。日中・日韓関係改善に向けては「地球儀を俯瞰する外交のなかで、こうした二国間についても、従来の基本方針のなかで、戦略的互恵関係、対話のドアはオープンにしながら進めていきたい」と述べるにとどめた。
posted by FX入門 at 06:30| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1000通貨単位で取引できる【LION FX】
Mac対応!充実したモバイルと取引環境の外為ジャパン!
JFX MATRIX TRADER
SBI証券
日本語対応・低スプレッド・レバレッジ最大1000倍

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。