全通貨業界最高水準のスプレッドで提供中!
約定率No.1のマネパ・100円からFX

トレイダーズ証券が運営する「みんなのFX」 外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
デイトレも外為オンラインで インヴァスト証券
インヴァスト証券/シストレ24

2013年10月31日

日銀、物価目標達成に3つのハードル

131031.jpg

[東京 31日 ロイター] -日銀は31日に公表した「経済・物価情勢の展望」(展望リポート)で、2015年度にも2%の物価安定目標が実現できるとの見通しを示し、黒田東彦総裁は会見でその達成に自信を示した。

しかし、日銀が目指す中長期のインフレ期待の引き上げが実現するには、来年前半に集中する賃上げ、海外経済の復活、消費増税の影響という3つの高いハードルをクリアする必要がある。

先行きの日本経済の道筋を示した展望リポートでは、消費税率引き上げの影響を除いた15年度の消費者物価(生鮮食品除く、コアCPI)見通し(政策委員の中央値)を1.9%に据え置き、日銀が掲げる2%の物価安定目標について「(15年度までの)見通し期間の後半にかけて、達成する可能性が高い」とした。

その後の会見で、黒田総裁は「2%の物価安定目標に向けて、順調に道筋をたどっていける」と語り、目標達成は可能との見解を強調した。

日銀が今年4月に異次元緩和の導入して以降、景気は内需主導で回復経路に入った。消費者物価(生鮮食品除く、コアCPI)の前年比はプラスに転換し、伸び率を高める傾向にあり、これまでの経済・物価は日銀の見通しに沿って順調に推移している。日銀では、大規模な国債買い入れで長期金利を低位に抑制することに成功するなど、異次元緩和の効果が着実に発揮されているとみている。

日銀が想定するように、中長期のインフレ期待が高まり、2015年度にも2%程度で安定する世界が実現できるのか。成否を分ける要因が来年前半に相次ぐ。

特に日銀がインフレ期待の上昇に向けて注視しているのが、賃上げの行方だ。政府の要請もあり、企業経営者からは、好調な企業業績を背景に賃上げに前向きな発言が増えている。黒田総裁も会見で、企業収益の改善や労働市場のタイト化、政労使の連携によって「今後、賃金の上昇が見込まれる」と期待感を示した。

日銀では、消費税率が引き上げられる2014年度の実質所得について、当初の落ち込みは避けられないとみているが、年明けに本格化する春闘で、ベースアップ(ベア)の動きが広がるかが、デフレマインド払しょくに向けた大きなカギになる。

回復が後ずれしている海外経済の動向も焦点。現状は内需主導の景気回復だが、その持続には外需の復活が不可欠。日銀は、来年の早い段階での海外経済の持ち直しを想定していると見られるが、さらにずれ込めば、消費増税後の景気のけん引役が不在となる恐れもある。輸出不振を通じて生産や設備投資も慎重になりかねない。

黒田総裁は海外経済の先行きについて「全体として緩やかに回復し、輸出も緩やかに回復していく」との見通しを示す一方、来年初にヤマ場を迎える米財財政協議の帰すう次第では、金融市場やマインドに悪影響を与え「米経済が下振れる可能性に留意が必要」と語った。減速する新興国を含め、世界経済の先行きには不透明感が漂う。

消費増税の影響は、政府による5兆円規模の経済対策などを踏まえ「景気の腰折れリスクは小さくなった」(黒田総裁)とみている。ただ、安倍晋三首相の増税判断をめぐり、増税による景気への悪影響が印象づけられた面も否定できない。消費者マインドへの影響は未知数といえる。

日銀では、経済・物価が見通しに沿って推移する中で、現行の異次元緩和の継続によって、引き続き景気を支援していく方針。ただ、期待を押し上げるほどの賃上げが実現するか、見通し通りに海外経済が復活するか、消費増税後の景気の落ち込みが想定内に収まるか、など日銀の政策判断に影響を及ぼす課題が今後相次ぐ。

黒田総裁は、内外のリスク要因によって見通しに変化が生じれば、「物価安定目標の実現に必要な調整は当然行う」とあらためて表明した。年明けから日銀が次回の展望リポートを公表する来年4月にかけて、市場ではさまざまな思惑が錯綜しそうだ。
posted by FX入門 at 22:31| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月27日

ユーロが対ドルで2年ぶり高値近辺、指標軟調も見通し強気=NY市場

131026.jpg

[ニューヨーク 25日 ロイター] - 25日終盤のニューヨーク外為市場ではユーロが対ドルで2年ぶり高値近辺で推移した。独業況指数が軟調だったにもかかわらず、市場は通貨ユーロに対する強気の見方を維持した。

ドイツのIFO経済研究所が発表した10月の独業況指数は6カ月ぶりに低下し、エコノミスト予想を下回った。

ただ、米連邦準備理事会(FRB)が量的緩和(QE)縮小を先送りするとの観測がドル相場を圧迫するなか、アナリストの間ではユーロが1.40ドルに向けて上昇するとみる向きも多い。

BKアセットマネジメントの為替戦略部門責任者ボリス・シュロスバーグ氏は、FRBが来年初めまでQEを継続すると予想されているのに対し、欧州中央銀行(ECB)はこのところの軟調なユーロ圏経済指標にもかかわらず政策変更は見込まれていないとし、こうした要因が少なくとも対ドルでのユーロ買いを支えるとの見方を示した。

29─30日の連邦公開市場委員会(FOMC)では現行規模での資産買い入れ継続が決定される見通しで、ドルには弱材料となる。

終盤の取引でユーロ/ドルは0.1%高の1.3808ドル。ユーロ/円は0.2%高の134.48円。

一部のユーロ圏当局者は、最近のユーロ高を懸念しない立場を示している。イタリア紙が伝えたところによると、欧州中央銀行(ECB)のアスムセン専務理事はECBとしてユーロ相場に懸念は抱いていないと語った。

ただコモンウェルス・フォーリン・エクスチェンジの首席市場アナリスト、オマー・エシナー氏は、ぜい弱な景気回復がユーロ高によって脅かされるのをECBが看過するはずはないとして、ECBの姿勢はいずれ変わる可能性があるとの見方を示した。

ドル/円は0.1%高の97.38円。

日本の本州太平洋岸沖合いで地震が発生し、気象庁が福島県沿岸などに津波注意報を発表したと伝わると、ドルは一時、上げ幅をやや縮小した。

主要6通貨に対するドル指数.DXYは横ばいの79.178。
posted by FX入門 at 22:41| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月15日

米大統領と副大統領、議会幹部と14日午後会談へ

131014.jpg

[ワシントン 14日 ロイター] - オバマ米大統領とバイデン副大統領は14日午後、連邦債務上限引き上げと政府機関の閉鎖解除について議会指導部と協議する。ホワイトハウスが明らかにした。

協議は米東部時間午後3時(日本時間15日午前4時)から行われ、共和党のマコネル上院院内総務とベイナー下院議長、民主党のリード上院院内総務とペロシ下院院内総務が出席する。

ホワイトハウスによると、17日の債務上限引き上げ期限を目前に控え、オバマ大統領はこの日の会談で、議会が行動する必要があることを明確するとともに、共和党のティーパーティー(茶会党)系議員によって譲歩を強いられることは拒否するとの立場を強調する方針だ。

政府機関再開や債務上限引き上げのために議会に「身代金」を支払うことはしないという原則もあらためて表明する。

ホワイトハウスは「債務上限を引き上げ、米経済や産業界が必要としている確実性をもたらす法案を可決することを大統領は引き続き議会に求めている」とした。
posted by FX入門 at 03:20| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月11日

米下院共和党が短期の債務上限引き上げ提案、合意期待高まる

131011.jpg

[ワシントン 10日 ロイター] - 米下院共和党は10日、オバマ米大統領が多岐にわたる財政問題で交渉に応じることを条件に、短期の債務上限引き上げを提案すると表明した。同日中に行われるオバマ大統領との会談で提示する。

提案は、債務上限を数週間分引き上げる内容で、医療保険改革法(オバマケア)や歳出削減に関する共和党の要求は盛り込まれていないもよう。

ただ大統領が求めていた政府機関の再開は含まれておらず、大統領との直接協議を通じて方策を見い出すとしている。

会談は米東部時間午後4時35分(日本時間翌日午前5時35分)から始まっている。

政府機関の閉鎖やデフォルト(債務不履行)の危機をちらつかせることで、医療保険改革法や歳出削減に関してオバマ大統領から譲歩を引き出すことを狙っていた共和党にとって、今回の動きは大きな方針転換となる。

共和党が一転して強硬姿勢を軟化させた背景には、これまで妥協を拒むよう共和党に迫っていた「ヘリテージ・アクション」や「クラブ・フォー・グロース」といった保守系団体が、短期の債務上限引き上げを支持した議員を罰しない方針を示したことがある。

政府機関の一部閉鎖から10日経過したこの日、共和・民主両党の幹部は初めて、双方の面目を保つ格好で問題を解決できるとの期待を示した。

米ホワイトハウスは慎重ながらも共和党の提案を歓迎。だがまずは政府機関の再開が先決との考えを示した。

カーニー報道官は「大統領は、下院で少なくとも冷静な考えが浸透しつつあることに満足している」と述べた。ただ提案の詳細を見極める必要があるとして、慎重な姿勢を崩さなかった。

共和党内ではベイナー議長の案に懐疑的な見方を示す向きが多い。

トム・コール下院議員(オクラハマ州)によると、議長はこの日の会合で「この方向で行く。質問があれば受ける」といった指導者的な態度で臨み、これまで保守派の懸念に耳を貸していた従来の方針を転換した。

そのため共和党議員の中には、納得のいかない表情を浮かべながら会合を後にし、記者団の質問も拒んだメンバーもいた。

ただ債務上限引き上げへの動きを金融市場は好感。合意に向けた期待感からS&P総合500種.SPXは9カ月ぶりの大幅な上昇を記録、ドルは主要通貨に対し2週間ぶり高値をつけた。
posted by FX入門 at 07:28| 東京 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月09日

ドル/円は小幅高、米財政協議の難航続き上値重い=NY市場

131009.jpg

[ニューヨーク 8日 ロイター] - 8日終盤のニューヨーク外為市場では、ドル/円がアジア市場でつけた2カ月ぶりの安値からやや持ち直したものの、上値は抑えられた。

米国では暫定予算と債務の法定上限引き上げをめぐる協議が依然として難航しており、この問題について政治対立が続く限り、ドルは売り圧力にさらされる可能性が大きいとみられている。

ドル/円はアジア市場で一時96.55円と8月12日以来の安値をつけた後、チャート上の下値支持線で200日移動平均の96.72円を上回る水準を回復し、ニューヨーク市場の終盤は0.2%高の96.92円。

終盤のユーロ/ドルは0.1%安の1.3574ドル。ドイツの8月鉱工業生産指数が予想外の低下となったことへの反応は乏しかった。

主要6通貨に対するドル指数.DXYは0.1%高の80.000だったが、3日につけた8カ月ぶり安値の79.627からの反発力は鈍い。
posted by FX入門 at 07:25| 東京 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月08日

日銀総裁発言が波紋、時間軸強化の思惑浮上

131008.jpg

[東京 8日 ロイター] - 黒田東彦・日銀総裁が「異次元緩和」の時間軸強化に向け、事前準備を始めたのではないかとの思惑がBOJウォッチャーの一部で浮上している。

会見の中で2%の物価目標達成が2年を超えるとも受け取れる表現を使ったほか、需給ギャップがゼロという好景気前の段階での目標達成にも言及。2年よりも長期間での目標達成を意識していると識者に思わせているためだ。市場の一部では、この発言が長期金利の低下を促す要因になるとの声も出ている。

<黒田発言、2年よりも2%達成優先か>

多くの金融関係者に「おやっ」と思わせる発言が最初に飛び出したのは9月20日の都内での講演会だった。

総裁は「安定的に2%の物価上昇率を実現するためには、景気が普通の状態の時に2%になるような経済・物価の関係を作る必要がある」と指摘。景気拡大期に仮に達成しても、その後の景気変動で再び低下しかねないという点を説明した。総裁は「普通の景気、つまり需給ギャップがゼロのとき」にこれを達成すべきとした。

しかし、BOJウォッチャーらが現実的だと想定していたのは「2%程度のプラスの需給ギャップ下での達成」(JPモルガン証券・チーフエコノミスト・菅野雅明氏)だった。

より厳しい条件を持ち出した総裁発言について、BOJウォッチャーのもとには投資家からの問い合わせが相次いだという。

「普通の景気」下での2%達成には、長い時間がかかるとみられている。BOJウォッチャーの間でも「黒田総裁の時間軸政策は、やや強まったという印象」(井上哲也・野村総研・金融ITイノベーション研究部長)との見方が浮上した。

実際、2年という物価目標達成期間について、黒田総裁自身が5日の会見で「もしかすると2年より長いかもしれないし、あるいは2年よりも短いかもしれない」と述べ、2%達成まで長期にわたり異次元緩和を続ける可能性を示した。

BOJウォッチャーの間では、2年という期間よりも2%の達成を優先することが明らかになったと解釈されている。

<総裁は一段の期待インフレ率上昇に自信>

2年・2%の目標をどうやって実現するのか、2年を超えて長期にわたり異次元緩和を継続することが、果たしてどのような結果をもたらすのか、新たな問題点がBOJウォッチャーの中で浮かび上がっている。

黒田総裁は記者会見で「足元で0・5%、1%、1・5%と2%に向けて上昇していく中で、期待も上昇していくと思う」と答え、わずか半年で物価がプラスに転換した現実が人々の期待インフレ率に影響を与えるとみて、実現可能だと主張した。

実際に円安などを通じて物価上昇を実現させることで人々の期待インフレ率を上げ、フィリップス曲線を上方シフトさせることが有効との考えは「物価ゼロの壁を乗り越えれば、(上昇の動きに)弾みがつく」と日銀の事務方でも肯定的に受け止められている。

<民間識者が疑問視する一段の物価上昇>

ただ、市場関係者の中では2%達成が今でも非現実的と見られているだけに、これからの展開は、日銀の想定通りにはいかない可能性が高いとBOJウォッチャーらは見ている。

期待インフレ率が高まっても、需給ギャップゼロの「普通の景気」で2%を達成した例は、過去にほとんどないからだ。景気拡大で需給が引き締まり、08年1─3月期の需給ギャップはプラス1.7%となったが、その前後で最も高かったコアCPIは08年度の1.2%上昇と、2%には届いていない。

しかも「今回の物価上昇の多くの部分は、資源価格上昇や円安によっている。食料品やエネルギー価格の上昇は家計にとってデフレ要因になる」(井上氏)という側面がある。

3%の消費増税が決まり、その分の期待インフレ率の上昇はあっても、一時的だ。それをカバーする賃金上昇が、果たしてどの程度実施され、目立った効果が出て来るのか──。明快にシナリオを提示できるエコノミストは見当たらない。

<国債大量購入の長期化、長期金利上昇の誘因との指摘も>

総裁発言の真意について、SMBC日興證券・シニアマーケットエコノミストの岩下真理氏は「足元の経済・物価見通しが想定通りで、前向きな循環メカニズムがしっかり働いてきているとの認識のもとで、予想物価上昇率を上昇させる強い取り組み姿勢を示している」として、「黒田緩和」のタガを緩めていないことを示していると解釈している。

実際、日銀は公式的には「2年で2%の物価目標の達成」という旗を降ろすというメッセージを一切出していない。

他方、菅野氏は一連の総裁発言について「時間軸政策の強化、つまり緩和政策の長期化を示唆することによる長期金利の低め誘導を企図している」と読み込んでいる。

また、来春の消費増税の落ち込みを緩和させる目的で、追加緩和に動くなら上場投資信託(ETF)購入が中心になると見ている。

総裁の意図が時間軸強化による長期金利の低位安定にあるとしても、毎年70兆円のバランシートの拡大継続によって「長期金利がいずれ上昇に転じるのは不可避」(菅野氏)との声も少なくない。

2年を超えた異次元緩和の継続について、井上氏は「国債購入の量をこれ以上拡大することには、疑問を感じる」と違和感を示している。

時間軸の長期化は、将来の長期金利上昇というリスクを高める副作用も持ち合わせている。

日銀の次の一手が、様々な方面に大きな影響を与えるのは間違いないようだ。
posted by FX入門 at 21:36| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月05日

米国がEUとのFTA交渉延期、政府機関閉鎖受け

131005.jpg

[ワシントン 4日 ロイター] - 米政府は4日、政府機関の一部閉鎖を受け、来週予定されていた欧州連合(EU)との自由貿易協定(FTA)交渉の2回目の会合を延期する方針を明らかにした。

米通商代表部(USTR)が発表した声明によると、フローマンUSTR代表は欧州委員会のデフフト委員(通商担当)に電話し、政府機関閉鎖によって、米当局者が来週ブリュッセルを訪れることができないと説明した。

声明は「USTRは欧州委員会と連携し、米政府機関の閉鎖が解除された時点で着手できる代替計画を策定する」とした。

デフフト委員も声明で、交渉の延期が「貿易と投資に関する野心的な協定を実現させるという目標達成の妨げにはならない」と言明した。
posted by FX入門 at 10:35| 東京 ☔| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1000通貨単位で取引できる【LION FX】
Mac対応!充実したモバイルと取引環境の外為ジャパン!
JFX MATRIX TRADER
SBI証券
日本語対応・低スプレッド・レバレッジ最大1000倍

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。